ルイヴィトンバッグネヴァーフルpm価格 louis vuittonジッピーウォレット 新しいルイヴィトンバッグネヴァーフルpm価格|ルイヴィトンバッグネヴァーフルpm効果が良い


2015-02-07 12:03    ルイヴィトンバッグネヴァーフルpm
 スリーピングナイツの六人は、手を重ね合わせると、再会を誓うようにぐっと力強く頷きあった。シーエンたちが立ち上がるのと前後するように、新たな翅音がいくつか近づいてきた。  現われたのは、キリト、リズベット、リーファ、シリカの四人だった。皆、着地すると同時に駆け寄ってくると、ユウキを囲む輪に加わり、それぞれ一度ずつユウキの手を握る。  ユウキを腕の中に横たえ、涙に揺れる視界でその情景を見ながら、アスナはふとあることに気付いた。キリトたちが降り立っても、どこからかかすかな飛翔音が聞こえてくる。それもひとつではない。様々な種族の翅音が、いくつも、いくつも重なって、荘厳なオルガンのような反響音を作り出している。  アスナも、ユウキも、シーエンやリズベットたちも、ふっと空を振り仰いだ。  その日がくるまでは、わたしはわたしにできる方法で、ユウキの心のかたちを伝えていこう。いつか子供ができたら、繰り返し話して聞かせよう。現実と仮想世界の狭間で、奇跡のように眩しく煌めいた一人の小さな女の子のことを。  胸のうちで自分に向かってそう呟き、明日奈はいつしか閉じていた目蓋をそっと開けた。  すると、前庭から建物の角を回ってこちらに近づいてくる人影が目に入った。あわてて指先で、目尻に滲んでいた雫を払い落とす。  女性だった。一瞬どこかで会ったような気もしたが、顔は記憶にはなかった。やや長身、黒のシンプルなワンピースにショールを羽織っている。肩までのストレートの髪は深い黒で、胸元の細い銀のネックレスだけが唯一の装身具だ。歳は二十代前半といったところだろうか。  女性は真っ直ぐに明日奈に向かって歩いてくると、少し前で立ち止まり、ぺこりとお辞儀をした。明日奈も慌てて立ちあがり、頭を下げる。顔を上げると、女性の抜けるような白い肌がまぶしく目を射た。が、血色の薄いその白さは、妙にかつての、長い眠りから醒めたばかりの頃の自分を思い起こさせるものだった。あらためて見ると、ショールから覗く首筋や手首は、触れれば折れてしまいそうなほどに細い。  女性は無言のまま明日奈の顔をじっと見ると、棗型の綺麗な目をふっと和ませた。口もとに淡い微笑が浮かぶ。 「明日奈さんですね。向こうとまったく同じ姿なので、すぐにわかりました」  落ち着いた、ウェットなトーンのその声を聞いた途端、明日奈にも相手が誰だか分かった。 「あ……もしかして……」 「はい。私、スリーピングナイツのシーエンです。本名は、アン・シーイェンといいます。初めまして……ご無沙汰してます」 「こ、こちらこそはじめまして! 結城明日奈です。一週間ぶりですね」  互いにどこか矛盾した挨拶を交わし、明日奈とシーイェンはくすりと笑いあった。左手でベンチに腰掛けるよう促し、自分もその隣に座る。  そうしてから、ようやく明日奈はあることに気付いた。スリーピング・ナイツのメンバーは全員が難治性疾患と闘う身であり、しかもターミナル・ケア、終末期医療が必要となる段階の病状なのではなかったか。このように、屋外を一人で出歩いて大丈夫なのだろうか……?  シーイェンは、明日奈のその懸念を敏感に察知したようで、こくりと小さく頷いて口を開けた。